ホームページやチラシのデザイン制作・原稿執筆なら【デザインと執筆のきのこ】

contact 自己紹介

「デザイン執筆きのこ」代表

椎名  真之 / MASAYUKI SHIINA

「デザイン執筆きのこ」は、2017年11月からフリーランスで活動する、
Web&グラフィックデザイナー/ライターです。
お客さま一人ひとりの想いに寄り添いながら、これまでの経験を活かして、
幅広くワクワクやHAPPYを届けられるような創作活動を行なっています。

年齢は30代半ば。東京の下町在住で、妻と娘、息子の4人暮らしです。
趣味は、サッカー観戦、フットサル、カラオケ、妄想。
好きな食べ物は、ラーメン、そのほか炭水化物なら何でもLOVEです。

最終学歴・資格

  • 青山学院大学 文学部 卒業
  • TOEICスコア 725点
  • 文部科学省後援 色彩検定 3級
  • 国家資格 宅地建物取引士 資格試験合格(不動産関連会社 所属時)
  • フリーランス協会 一般会員(会員番号:000581)

略歴

1980年代初頭

東京の下町で誕生

以降、現在に至るまで、なんだかんだこの土地に根付いている。

1990年代初頭

小学校で妄想読書感想文のスキルが開花

ヘレンケラーの幼児向け絵本を読んで感想文を書いたら、意図せずクラス選抜に。絵本を読んで書いたことがバレそうになってアセる。

1990年代後半
〜2000年代初頭

東京都立両国高校に入学〜卒業

コツコツまじめに中学時代を過ごしていたら、そこそこいい高校に入れた! ……、と思ったらそうでもなくて、眩い青春とはほど遠い悶々とした高校時代を過ごす。
また、この頃、アメリカにホームスティに行って、海外の開放的な雰囲気に魅了される。

2000年代初頭
〜2000年代半ば

青山学院大学 文学部に入学〜卒業

バイト、バンド、遊び、バイト、バンド、遊び、勉強、バイト、バンド、遊び、勉強、バイト、バンド、遊びの日々。
イタリア、スペイン、イングランド、韓国、台湾など、いろんな旅を通じて世界を感じる。

2000年代半ば

東証一部上場企業の某文具メーカーに就職し、海外営業部に所属

必死の英語で、アジア圏や中東圏のお客さまに自社製品の販売(輸出)を行う。ここで、海外のお客さま向けに営業ツールとしてチラシやホームページの制作に携わる機会があり、広告宣伝やクリエイティブ制作の仕事に一層強い興味が沸き立つ。

2000年代後半

転職タイミングで、某専門スクールのライター・編集者養成講座を受講

広告業界デビューを目指して、もともと好きだった文章を書くスキルをアップするために、講座を受講。業界の全体像やライティング、編集のイロハを教えてもらい、今でも要所要所で役に立つノウハウが学べた。

2000年代後半
〜2010年代初頭

Webメインの制作会社に就職し、ディレクター(企画編集・進行管理)を務める

当時はYahoo!やgoo、楽天などポータルサイトを介したマーケティングが全盛期。同サイト上に展開される、さまざまな企業とのタイアップ企画ページのディレクション(企画構成、編集、進行管理など)を中心に、そのほかにも、大手メーカーのメールマガジン運用やコーポレートサイト構築のディレクションに従事。
また、それらにまつわる取材や撮影のディレクションから、著名人キャスティングや紙モノ媒体のディレクションまで、とにかくいろいろと盛り沢山にやらせてもらった。
素晴らしい、暖かい方たちに囲まれて濃密な時間を過ごした、今の私のキャリアの根幹となっている経験。

2010年代初頭
〜2017年

財閥系の大手不動産グループ会社、外資系の教育関連事業会社の2社で広告宣伝に従事

制作サイドから変わって、相対する立場であるクライアント(お客さま)サイドに転職。自社の広告プロモーションや、自社Webサイトの運営などに携わる。2社ともに制作物の内製が多かったので、広告宣伝物の企画構成はもちろん、Webページや広告バナー、メールマガジン、紙モノまで、ライティングやデザインなどにも幅広く携わった。
2社を通じて、制作サイドだけではなかなか見えてこなかった、クライアントサイドならではの目線や考え方などを身につけることができた。「制作」と「クライアント」という、相対する両方の立場を経験したことは、現在の自らの思考にも大きな効果を及ぼしている。

2017年11月〜

屋号「デザイン執筆きのこ」として、フリーランスのWeb&グラフィックデザイナー/ライターの活動をスタート

デザインスキルのさらなる向上を図るため、フリーランスになる前に、デジタルハリウッドのWebデザイナーコースを受講。これまでの幅広い経験を糧に、ひとりでも多くのお客さまと出会い、喜んでいただきたいという想いとともに、活動をスタートする。